Product技術情報
ホーム > 技術情報 > 熱交換器伝熱管(細管)の検査技術
熱交換器伝熱管(細管)の検査技術

渦電流探傷試験(ET)

渦電流探傷検査(Eddy Current Testing)は、電磁誘導作用によって試験体に発生した渦電流の変化を検出して探傷試験を行う方法です。
銅合金、ステンレス、チタン等の非磁性材熱交換器細管の保守検査に広く用いられ、経年での減肉量進展比較が可能です。

適用部位も直管部及びUベンド部の減肉のみならず、自社開発した特殊プローブにより各部位の割れ探傷、管板探傷を可能とし、特殊プローブの組み合わせによりローフィンチューブのランド部やコルゲート管等の特殊形状管への適用も有効です。


pdf.jpg



リモートフィールド法(RFECT)

炭素鋼等の強磁性材は透磁率が大きく表皮効果により渦電流が内部に充分浸透しないことや、磁気特性の不均一により雑音が生じ探傷が困難でした。リモートフィールド法は管壁を通過して外面を伝搬する間接磁場の変化をきず情報とし検出し減肉評価を行う探傷試験です。

 

全数検査が求められる熱交換器や内面スケールの完全除去が困難な熱交換器への適用は水浸超音波肉厚測定と比較し有効です。

RFECT装置

水浸超音波肉厚測定(IRIS)

磁性管、非磁性管を問わず高い検査精度を要求される部所に最適な探傷技術です。水圧により回転タービンを高速回転させ超音波を管壁へ入射し、円周断面の肉厚データ(Bスコープデータ)を表示します。

 

RFECTの適用が困難なエアフィンチューブや厚肉管及びボイラー管曲がり部への適用も可能です。