Product技術情報
ホーム > 技術情報 > その他
その他

吊り金物(シャックル、アイボルト)検査

クレーン玉掛け作業に使用されるシャックル、アイボルトなどの吊り金物は法定点検を要しますが、通常の目視確認の他、磁粉探傷試験による年1~2回程度の検査により目に見えない割れ等を精度よく検出できます。

 

pdf.jpg

 

 

金属組織による材料劣化調査

一般的な非破壊検査では把握できない材料そのものをレプリカ法によるマクロ、ミクロ観察、電子走査顕微鏡観察による評価を行います。

 

pdf.jpg

 

各種バルブの総合調査

各種バルブの分解時に通常行われている目視検査、PT検査に加え、各種NDE法を用いて、損傷の有無、程度等を評価します。

 

pdf.jpg

 

フェイズドアレイシステム

アレイ探触子の各振動子から異なったタイミングで超音波を送信/受信することにより欠陥の検出、欠陥高さの測定等を行い、被検体内部のきずを可視化表示できるシステムです。

 

pdf.jpg