一般的なお問い合わせ
リクルートサイト&求職関係お問い合わせ
技術情報

Product

技術情報

熱交換器伝熱管(細管)の検査技術

渦電流探傷試験(ECT、ET)

ect.jpg

渦電流探傷検査(Eddy Current Testing)は、電磁誘導作用によって試験体に発生した渦電流の変化を検出して探傷試験を行う方法です。
銅合金、ステンレス、チタン等の非磁性材熱交換器細管の保守検査に広く用いられ、経年での減肉量進展比較が可能です。

適用部位は直管部、Uベンド部の腐食減肉の検出に加え、自社開発した特殊プローブにより周割れ検出や管板部探傷、特殊形状管への適用も可能です。

 

PDFダウンロード

リモートフィールド法(RFECT)

82099c96427365fffd28837f1b9ba9bf_f112.jpg

RFECT装置

炭素鋼等の強磁性材は透磁率が大きく表皮効果により渦電流が内部に充分浸透しないことや、磁気特性の不均一により雑音が生じ探傷が困難でした。リモートフィールド法は管壁を通過して外面を伝搬する間接磁場の変化をきず情報とし検出し減肉評価を行う探傷試験です。

 

全数検査が求められる熱交換器や内面スケールの完全除去が困難な熱交換器への適用は水浸超音波肉厚測定と比較し有効です。

水浸超音波肉厚測定(IRIS)

f85a40975c372bda24f323f021531a7c_f114.jpg

磁性管、非磁性管を問わず高い検査精度を要求される部所に最適な探傷技術です。水圧により回転タービンを高速回転させ超音波を管壁へ入射し、円周断面の肉厚データを表示します。

 

RFECTの適用が困難な厚肉管やエアフィンチューブ及びボイラー管曲がり部への適用が可能です。

 

産業界全般

 
 

建築土木分野

 
 

熱交換器伝熱管(細管)の検査技術

 
 

その他

 
 

株式会社シーエックスアール

【呉本社】
〒737-8516
広島県呉市三条2-4-10
TEL 0823-22-4100 FAX 0823-24-4467

【東京支社】
〒143-0006
東京都大田区平和島六丁目1番1号
東京流通センター センタービル9階
TEL 03-5767-5901 FAX 03-5767-5903